一定の時期しか着用できない振袖はレンタルが重宝されています

紫の振袖を着ている女性

最新の記事

フォーマルはきちんとしたものを!

着物を着る大きな機会として、冠婚葬祭があります。「着物を用意しなきゃいけないけど、めったに着る物でもないし、お手軽な値段の奴でいいや」とお考えの方、ちょっと待ってください。冠婚葬祭の場合、着物を着るのが自分一人だけ、ということはあまりありません。周囲にも和装の人が多くなるものです。そうなると、…

»readmore

意外に大変な着物の決まりごと

今は、多様な考えができる時代になり、ある意味なんでも認められようになってきましたが、着物の世界はいぜん昔の伝統、格式、決まりごとを厳しく待っています。着物は、まず季節感を非常に大事にします。10月から5月まで着る着物は袷、6月、9月は単という一枚仕立てのもの、7月8月は絽や紗といった薄物の着物…

»readmore

若者にも人気ポリエステル着物

着物のイメージを若者に聞けば、「呉服屋は敷居が高い」「値段が高い」「手入れの仕方がわからない」などたくさんの消極的な意見がでてきます。しかしながら、そんな縁遠いと感じる着物ですが、実は近年では画期的な着物が販売されています。それが、いわゆる「ポリエステル素材でできた着物」です!この素材…

»readmore

冠婚葬祭時には着物をレンタルしよう

ピンクの振袖を着ている女性

現代人が着物を着用する機会というと、冠婚葬祭が挙げられます。若い人の場合、自身の成人式で初めて振袖を着たという人も少なくありません。なかなか着る機会がないため、購入しても無駄になってしまうことがあります。それならレンタルした方が効率的です。いざという時のために、着物のレンタル店を探しておくことをお勧めします。
最近はインターネットで注文できるサイトもあります。ネットで注文すると、宅配で振袖などの着物が届けられるようになっているのです。使用後も宅配で送り返します。これなら店舗へ出向く手間もかかりません。着物選びはサイト上のカタログを見て決めることになります。また、振袖は一定の時期しか着用できません。女性の場合、既婚となると留袖を着用することになっているからです。
そのため、既婚で友人の結婚式の招待された場合、成人式に購入した振袖を着て行くことはできません。そんな時のためにも、やはりレンタルが重宝すると言えます。この場合、結婚式に合わせた留袖をレンタルします。新婦よりも目立たないものがお勧めです。レンタル店のスタッフに目的を伝えれば、相応のものを提案してくれるはずです。年配の方には黒の留袖が勧められることになります。

振袖を買うなら古着がお得

成人式の時に、母が振袖を買ってくれました。27年前ですが、着物のみで28万円でした。特別にいいものでもなく、普通ぐらいの値段だと思います。当時から、レンタルは沢山ありました。実際、レンタルにしてる友達は、結構多かったです。
でも、母はずっと持っておけるし、友達の結婚式で着れるからと言ってました。確かに、その後、友達の結婚式で2回くらい着ました。振袖は、結婚すると着れないので、結局それっきりです。それを、考えると何回かの為に勿体無いと思ってしまいます。確かに、レンタルも、それなりの値段します。なので、振袖を今から考えてる人には、着物の古着がお勧めです。逆に、着物を売ろうと考えて、リサイクルショップに相談に行った時、着物は古着になると凄く安くなると言ってました。それに、自分の物になるので、その後も着る機会があれば着れます。私の時代には、着物の古着は、あったとしても一般的ではなかったし、実際聞いた事なかったので、新品を買うか、レンタルかの選択しかありませんでした。1着くらいは新品で着物を持っておきたいというのなら、訪問着を買う事をお勧めします。これなら、長く着れるし、柄も振袖よりは地味なので年寄りになっても着れます。子供のお宮参りでも着れるし、入学式や七五三でも着れます。

どんな場所でも堂々と着ていける振袖 

着物といえば、最近の和ブームで脚光を浴びているファッションです。成人式と言えば振袖というのが今も昔も変わらずにあります。人生の晴れの日にぜひお気に入りの振袖を着てみると、忘れられない記念になりそうです。
振袖について少し詳しく知ってみましょう。振袖は未婚の女性の第一礼装と言われています。結婚していない女性が、改まった席に出席する場合に、きちんとしていますよと世間の誰からも認められる装いということです。世間では、その場にふさわしい服装、装いをするのが礼儀と見なすことがとても多いもの。大人としての大切なふるまいのひとつです。例えば、皇室の宮様ごご成婚などの結納にあたる儀式では、かつての美智子様、雅子様、紀子様、すべて振袖で皇室からの使者をお迎えになりました。
園遊会などの招待客も、振袖を着て行く若い女性が多いですね。なでしこジャパンで活躍した澤選手も、ブルーの振袖でした。なでしこのユニフォームを少し意識していたのかもしれません。テレビのニュースで放送されたので、知っている方も多いでしょう。一般人なら正式に結納を交わす場面で振袖を来たりします。
結婚披露宴などに呼ばれる場合も、振袖を着たりします。ともかく、どんな場所でも堂々と着ていける品格があるのが振袖なのです。美しい振袖にはそんな便利な、使える、実用品の意味もあるのです。

ピックアップ

古着の着物の買い方

リサイクルショップや骨董市などで売られている古着の着物ですが、アンティーク好きにはたまらない一点がありますし、1着数百円から数千円までとお手頃です。しかし、お古だからこそ、買い求める際には注意したほうが良いことが多々あります。まず、古着ということは生地が傷んでいるかもしれません。特にお尻の部分は生地が薄れていないか、糸が切れていないかチェックしましょう。糸のほつれ…

新着記事リスト

2016/07/22
古着の着物の買い方を更新しました。
2016/07/22
若者にも人気ポリエステル着物を更新しました。
2016/07/22
意外に大変な着物の決まりごとを更新しました。
2016/07/22
フォーマルはきちんとしたものを!を更新しました。