一定の時期しか着用できない振袖はレンタルが重宝されています

紫の振袖を着ている女性

意外に大変な着物の決まりごと

今は、多様な考えができる時代になり、ある意味なんでも認められようになってきましたが、着物の世界はいぜん昔の伝統、格式、決まりごとを厳しく待っています。着物は、まず季節感を非常に大事にします。10月から5月まで着る着物は袷、6月、9月は単という一枚仕立てのもの、7月8月は絽や紗といった薄物の着物です。この衣替えが、着物の世界では非常に厳しく守られていて、現代の暑くなったこの気候においても、この決まりごとはきちんと守られています。
5月に夏日だからと言って、決して絽や紗の着物を着てはいけないのです。暑くても、5月はあくまでも袷なのです。着物だけではなく、帯や帯揚げ、帯締めも、季節に合わせたものを使わなければなりません。帯は夏帯と言った、織り目が粗い、涼しげな帯です。帯揚げも、生地目に透かしの入った軽いもの、帯締めも緩やかに編んだものが、夏用としてあります。着物は、絵柄にも決まりごとがあります。
季節を現す絵柄には、特に気をつけなければなりません。桜は、春だけと思うが、桜は日本を代表するもの、桜に限り、年中用いることができるそうです。これも知っておく決まりごとです。現代において、着物の決まりごとは時代おくれともとれることばかりかもしれませんが、着物は日本を代表する大切にな文化、伝統です。煩わしくてもこれを守っていることが、かえってカッコイイことかも知れません。

ピックアップ

古着の着物の買い方

リサイクルショップや骨董市などで売られている古着の着物ですが、アンティーク好きにはたまらない一点がありますし、1着数百円から数千円までとお手頃です。しかし、お古だからこそ、買い求める際には注意したほうが良いことが多々あります。まず、古着ということは生地が傷んでいるかもしれません。特にお尻の部分は生地が薄れていないか、糸が切れていないかチェックしましょう。糸のほつれ…

新着記事リスト

2016/07/22
古着の着物の買い方を更新しました。
2016/07/22
若者にも人気ポリエステル着物を更新しました。
2016/07/22
意外に大変な着物の決まりごとを更新しました。
2016/07/22
フォーマルはきちんとしたものを!を更新しました。